古民具スピーカーについて

道具としての役割を果たし、使われなくなってしまった古民具たち。「宇宴」では、彼らを過去の遺物としてではなく、未来に “使われていく” ためにスピーカーという新たな役割を与えています。

長い時間を経た材質やユニークな機構は、音に心地よいノイズを付加するフィルターとなり、わたしたちの中に眠る “猿の記憶” を揺り動かしてくれます。

使い勝手がよく普段の生活にすっと馴染み、それでいて心を動かすようなエモーショナルなサウンドを再生する。そんな世界に一点だけのハンドメイド・スピーカーを制作しています。

Profile

宇宴/古民具スピーカー作家

オーディオ好きの父のもとで育ち、幼少の頃から電子機器の分解に夢中になる。元オーディオビジュアル雑誌/ライフスタイル誌編集者。その後リノベーション業界を経て作家として独立。兼ねてから趣味としていた電子工作や金工の経験などを活かし、クラフトスピーカーの制作を本格的に始める。

主を失った古民具のかつての用途やアイデンティティを継承した一点ものを制作。進化心理学的なアプローチと音響理論に基づいて設計しており、歴史を重ねた箱ならではの「心地よいノイズ」を追求している。

作品は長野の自宅アトリエにてご試聴いただけます。お気軽にお問い合わせ下さい。